世界史B 解答 第3問 C問7正解

第 3 問
国家が諸地域を統合するために採用した制度について述べた次の文章 A ~ C を読み、下の問い(問1 ~ 9)に答えよ。(配点 25)

 

C 中世ヨーロッパにおける戦争は、騎士として戦場に立つ貴族を中心に繰り広げられた。しかし12世紀以来の ⑥貨幣経済の浸透 に伴って、封建制の秩序が動揺すると、徐々に ⑦傭兵 が軍隊の中心になっていく。雇い主と契約を結ぶ傭兵は、「主君のため」に戦う騎士と違い、「報酬のため」に戦う存在であり、近世に重用された。しかし、やがて君主たちによって直属の常備軍が整えられると、傭兵への依存度は減少していき、 ⑧常備軍が官僚制と並んで君主の支配を支える重要な要素となった。その後近代を迎えると、「祖国のため」に戦う国民軍が組織されることになる。

 

問7 下線部⑥に関連して、世界史上の貨幣や貨幣制度について述べた文として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 東周では、五鉄銭が発行された。

 

② 北魏では、交紗と呼ばれる紙幣が発行された。

 

③ ストルイピン内閣は、レンテンマルクを発行した。

 

④ マクドナルドの挙国一致内閣は、金本位制を停止した。

正 解
配 点

 

戻 る

 

 

  
 









トップへ戻る