世界史B 解答 第3問 B問5正解

第 3 問
国家が諸地域を統合するために採用した制度について述べた次の文章 A ~ C を読み、下の問い(問1 ~ 9)に答えよ。(配点 25)

 

B 世界史上には、気候条件や生態環境などによって生業・文化を異にする複数の勢力が、南北に対峙(たいじ) ④交流したり対立したりする事例 がしばしば見られる。中国では、乾燥した北部と湿潤な南部の隔たりが大きかったが、隋唐期を境に両者の統合が強められていく。その基盤となったのが、隋の進めた

に他ならない。次いで ⑤唐代中後期 には、穀倉地帯である南部で徴収した物資を、水運を通じて都へ送り、外部勢力と対峙する北辺の軍事費を補うようになっていく。中国における南北間の経済的統合は、このような仕組みを通じて大きく進展するのである。

 

問5 下線部④に関連して、諸国家や諸勢力の間で起こった出来事について述べた文として正しいものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 契丹(キタイ)は、燕雲十六州の領有をめぐって、秦と争った。

 

② ネーデルラントの北部が、ユトレヒト同盟を結成して、フランスからの独立を宣言した。

 

③ アメリカ合衆国は、ラテンアメリカ諸国とともに、米州機構(OAS)を結成した。

 

④ エフタルの侵入により、ムガル帝国が衰えた。

正 解
配 点

 

戻 る

 

 

  
 









トップへ戻る