世界史A 解答 第3問 B問5正解

第 3 問
ヨーロッパのキリスト教世界について述べた次の文章A・Bを読み、下の問い(問1 ~ 7)に答えよ。(配点 21)

 

B イスラームは時として、ヨーロッパのキリスト教世界にとって恐怖と憎悪の対象であった。ドイツの画家デューラー (1471-1528 年)の ④「1万人のキリスト教徒の殉教 」は ⑤ 当時の政治的状況を象徴するかのように、オスマン帝国のスルタンを思わせる人物を迫害者として描いている (下図参照)。それから約 250 年後ドイツの作曲家 J.C. バッハ (1735-82 年)は、ロンドンでオペラ「ザナーイダ」を上演した。ペルシアと ⑥トルコ の君主や王族が愛憎劇を繰り広げるこの作品は、この時代、⑦イスラームがかつてほど脅威とは感じられず、むしろ好奇の対象となっていたことを示している。

 

問5 下線部⑤に関連して、デュー ラーが生まれた世紀に起こった出来事について述べた文として正しいものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 第 1 回十字軍が始まった。

 

② ビザンツ帝国が滅亡した。

 

③ 三十年戦争が起こった。

 

④ バトゥが、ヨーロッパに侵入した。

正 解
配 点

 

戻 る

 

 

  
 









トップへ戻る