世界史A 解答 第1問 C問9正解

第 1 問
世界史上の植民地の形成や拡大及びその支配のあり方について述べた次の文章A~Cを読み、下の問い(問 1 ~ 9) に答えよ。(配点 27)

 

C ヨーロッパの修道会は、海外で活発に布教活動を行った。そのなかでも ⑥イエズス会 は、スペイン領アメリカの南部で教化村(レドゥクシオン)を建設し ⑦先住民 であるグアラニーを集めてキリスト教に改宗させ、彼らを奴隷商人の手から守った。しかし、教皇への忠誠のもと行われたイエズス会の活動は、教皇の影響力拡大を警戒していたヨーロッパの世俗権力からは好意的に受け取られなかった。その結果、スペイン国王カルロス 3 世の命令により、1767 年にイエズス会は ⑧南北アメリカのスペイン領植民地 から追放された。

 

問9 下線部⑧に関連して、南北アメリカに存在した植民地の歴史について述べた文として正しいものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① ブラジルはスペインから独立した。

 

② ルイジアナは、フランスの植民地であった。

 

③ ベネズエラで、トゥサン=ルヴェルチュール(トゥサン=ルヴェルテュール、トゥサン=ルーヴェルテュール)が、反乱を起こした。

 

④ サン=マルティンは、イタリアからの独立運動を指導した。

 

正 解
配 点

 

戻 る

 

 

  
 









トップへ戻る