2017年大学入試センター試験問題



政治・経済 解答 第3問 問5~8正解

第 3 問
次の文章を読み、下の問い(問1 ~ 8)に答えよ。(配点 24)

 

社会は、 a さまざまな考え方や利害関係を有する人々 によって構成される。そうした利害を調整し、社会秩序を形成維持するために、政治が必要となる。17 世紀から 18 世紀にかけて発生した一連の市民革命によって絶対王政が倒され、政治権力から b 個人が自由になる権利 が確立した。その後、国民の意思に基づいて政治を行う民主政治が次第に実現していった。ただし、第一次世界大戦後にファシズムが台頭したり、第二次世界大戦後に政治的安定を掲げて独裁の形態をとる国が現れたりするなど、民主政治が順調に広まったわけではない。しかし、1980 年代になると、民主主義よりも

を優先する政治体制をとる、いわゆる開発独裁政権が相次いで崩壊した。また、冷戦末期には東欧で民主化運動が高まった。2010 年代初頭には、反独裁を掲げる

と呼ばれる運動が中東から北アフリカで発生した。その後も、民主化を求める動きは各地で続いている。民主政治を行う際国政のすべてに国民が直接関与することは困難である。それゆえ、多くの国では国民が c 選挙 で自らの代表を選び、その代表が政治を行う d 間接民主制 がとられている。ただ、人々の価値観が多様化する中で、選挙では e 人々の意見の表出や反映が十分にできないのではないかとの懸念も生じている。政治に対する不信や不満が高まり、投票率が低下している国は少なくない。他方、深刻な f 社会問題 が頻発し、人々の利害関係がいっそう複雑に入り交じる中で g 政治に求められる役割はむしろ大きくなっている。いかにして人々の政治不信を払拭していくのかということがいまほど問われているときはない。

 

問5 下線部 d を補完すべく、現在の日本において、直接民主制の手法が一部取り入れられている。そうした例の一つである憲法改正手続に関する記述として正しいものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 憲法改正に関する国民投票法は、日本国憲法と同時に制定された。

 

② 憲法改正に関する国民投票法は、投票年齢を満20歳以上に引き下げた。

 

③ 憲法改正の承認には、国民投票において、その過半数の賛成が必要とされている。

 

④ 憲法改正の発議には、衆参両議院において、それぞれ総議員の4分の3以上の賛成が必要とされている。

 

問6 下線部 e に関連して、次の図は、選挙やデモなど(デモ、陳情、請願)が、国の政治に「影響を及ぼしている」と回答した人の割合を示したものである。この図においである出来事の後の最初の調査とその前回の調査との比較を行うときその記述として正しいものを、下の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 小選挙区比例代表並立制の下で初めて行われた選挙後の最初の調査では、選挙が国の政治に「影響を及ぼしている」と回答する人の割合が、増加した。

 

② 郵政民営化が争点となった選挙後の最初の調査では選挙が国の政治に「影響を及ぼしている」と回答する人の割合が、増加した。

 

③ 国民の反対が強かった消費税導入後の最初の調査では、デモなどが国の政治に「影響を及ぼしている」と回答する人の割合が、増加した。

 

④ 金権政治への批判が高まったロッキー ド事件後の最初の調査では、デモなどが国の政治に「影響を及ぼしている」と回答する人の割合が、増加した。

 

問7 下線部 f に対処するための公的な施策の一つである日本の社会保障制度に関する記述として正しいものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 国民健康保険は、職域ごとに分かれていた公的医療保険を統合する制度である。

 

② 公的介護保険は、市町村と特別区が運営主体となっている。

 

③ 厚生年金保険は、その保険料の全額を事業主が負担している。

 

④ 国民年金は、在職中に受け取った各人の報酬に比例した額を支給する制度である。

 

問8 下線部 g に関連して、住民に身近な政策の多くは地方自治体が担っている。日本の地方自治の制度に関する記述として正しいものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 地方自治体の首長は、地方議会が議決した予算に対して拒否権を行使することができない。

 

② 地方自治体が独自に行う住民投票において、永住外国人の投票が認められた事例はない。

 

③ 有権者は、必要な署名数を集めた上で地方自治体の首長に対して事務の監査請求を行うことができる。

 

④ 国による情報公開法の制定以前に、地方自治体においで情報公開に関する条例が制定されたことがある。

 

設 問 正 解 配 点
問5 3 3
問6 2 3
問7 2 3
問8 4 3

 

 

 

戻 る