2017年大学入試センター試験問題



倫理 解答 第3問 問6~9正解

第 3 問
次の文章を読み、下の問い(問1 ~ 9)に答えよ。(配点 24)

 

日本では、広く外来の思想や文化が受容されてきたが、人々はそこからさらに、自国にとどまらず、他国とも共有し得る様々な思索を展開し、新たな知見を生み出してきた。ここではそうした先人たちの思想的営みを振り返ってみよう。6 世紀ころに a 伝来した仏教 は、奈良時代には、朝廷のもとで国家を鎮護するという役割を担っていた。平安時代になると、 b 誰もが仏になれるという考え に基づき個人の救済が重視されるようになった。こうしたなかで、源信は『往生要集』を著し、外来の数多くの仏典に依拠しつつ、地獄や極楽の様相を描き出し、浄土への往生を説く教えこそがすべての人にとってふさわしいと論じた。『往生要集』は宋にも伝えられたがそうした動きには、仏法のもとではすべての人が平等であるとし、 c 万人の救済 を願う源信の考えも影響を与えていた。江戸時代には、世界や人間のあり方を体系的に説いた d 朱子学 が、現実の秩序を重視する人々に広く学ばれるようになった。このような朱子学を批判した荻生祖棟は、古代中国の聖人が天下を安定させるために制作した道に、儒学の本質があると考え、それを学ぶ方法として e 古文辞学を唱えた。この方法により、海を越えて異国の地でも評価される『論語』解釈が生み出された。また、古文辞学は、文献の厳密な考証・校訂を尊ぶ気運を醸成し、 f 古典 の発見を促した。こうした動きのなかで、中国では散逸した書が日本で見いだされ、清の知識人にも注目された。近代に至り、仏教や儒学とは異なる g 西洋の思想や文化 が本格的に紹介され、西洋文明を称賛する風潮が生じた。岡倉天心は、幼少より英語を学び、西洋の文化にふれつつも、東洋に対する西洋人の無理解に警鐘を鳴らし、西洋・東洋に共有されている価値観を探究した。英文で著した『茶の本』において天心は、西洋でも尊重されている茶に注目し、道家や禅の思想を基に形成された日本の茶道の本質を、 h 日常生活 のなかにある美を崇拝する営みに見いだした。先人たちは、外来の思想や文化を一方的に受容するだけではなく、それらの捉え直しや批判的検討を通して、日本という場にとどまらず、他国とも共有し得る多様な思索を展開してきた。こうした営みは、グローバル社会のなかで生きる一つの指針を私たちに示しているのではないだろうか。

 

問6 下線部 f に関連して、古典を基に日本固有の精神を探究した国学者の説明として最も適当なものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 契沖は、古典を原典に即して読解しようとする実証的な方法により、古代日本の精神を伝える古典として『万葉集』を研究し、その注釈書である『万葉代匠記』を著した。

 

② 荷田春満は、儒学·仏教・神道を通して己の理想的な心のあり方を究明する心学の方法を基にして、古代日本の心を伝える古典として『日本書紀』を実証的に研究した。

 

③ 本居宣長は、『源氏物語』の研究を通して、事物にふれて生じるありのままの感情を抑制する日本古来の精神を見いだし、儒学や仏教などの外来思想によって、その精神が失われたと考えた。

 

④ 平田篤胤は、『古事記』の研究を通して、身分の相違や差別のない日本古来の理想世界を見いだし、儒学や仏教などの外来思想によって理想世界が差別と搾取の世界へ転じたと批判した。

 

問7 下線部 g に関して、次の文章は、近代に入り、西洋の思想や文化に接した思想家についての記述である。

に入れる語句の組合せとして正しいものを下の①~⑧のうちから一つ選べ。

 

明治維新以後多くの人々が、欧米諸国へ留学し、様々な思想や文化を日本ヘ紹介した。イギリスに留学した中村正直は、

と題する翻訳書を著し、個人の自由について「他人ニ損害ノ及バヌダケハ、(おの)ガ意ノママナルベク」などと訳して紹介した。フランスに留学した中江兆民は、帰国後に自由民権論を展開し、民権には人民が自ら勝ち取ったものと、為政者が人々に恵み与えるものがあり、このうち、日本の現状では、まず

民権を守り育てていくべきであると説いた。欧米の思想や文化の本格的な流入に伴い、日本の伝統や価値観を再評価し、尊重する動きも生まれた。政府の進める欧化政策に反対した

は、対外的には各国の国民に固有なあり方を対内的には国民の統一を意味する国民主義を主張した。

 

a 『私の個人主義』 b 恩賜的 c 陸翔南
a 『私の個人主義』 b 恩賜的 c 徳富蘇峰
a 『私の個人主義』 b 恢復(回復)的 c 陸翔南
a 『私の個人主義』 b 恢復(回復)的 c 徳富蘇峰
a 『自由之理』 b 恩賜的 c 陸翔南
a 『自由之理』 b 恩賜的 c 徳富蘇峰
a 『自由之理』 b 恢復(回復)的 c 陸翔南
a 『自由之理』 b 恢復(回復)的 c 徳富蘇峰

 

問8 下線部 h に関連して、日常の生活に注目して思索を展開した思想家の人として、柳宗悦がいる。彼についての説明として最も適当なものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 名もなき人々の生活に注目することによって確立された民俗学の方法を基に日本の神の原型を探究し、神は海の彼方にある常世国に住み、時を定めて村落を訪れる「まれびと」であると主張した。

 

② 民衆が伝承してきた昔話や習俗のなかに、固有の文化があると考え、文字として残っていない琉球・沖縄の伝承や古歌謡「おもろ」に注目し、沖縄固有の民俗学の確立に尽力した。

 

③ 江戸の庶民のなかで、恋を貫こうとする意気込みやきっぱりと諦める気風が「いき」であるとして尊重されていたことを見いだし、それが日本的な美意識の根幹を成すと主張した。

 

④ 名もなき職人の熟練した手仕事によって作られた日用品のなかに 固有の実用的な美しさがあると考え、それを「民芸」と名付けて、各地の民芸品の収集や再発見を目的とした民芸運動を展開した。

 

問9 本文の趣旨に合致する記述として最も適当なものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① 日本の先人たちは、外来の思想や文化にみられる思索を基にしつつ、それらの再解釈や批判的考察を行ってきた。こうした営みを通して、他国とも共有し得るような学問的成果が生み出されてきた。

 

② 日本の先人たちは、外来の思想や文化の普遍的な思考様式を肯定的に受けとめ、模倣することに専心してきた。こうした営みによって、他国の思想や文化を受容することを重んじる学問的な態度が生み出されてきた。

 

③ 日本の先人たちは、外来の思想や文化を一方的に受容するだけでなく、それらを自国の価値観に基づいて批判的に検討してきた。こうした思索を通して、先人たちは日本固有の思想や文化を見いだしてきた。

 

④ 日本の先人たちは、外来の思想や文化を一方的に受容するだけでなく、それらを再解釈してきた。こうした思索によって、先人たちは自国と他国の思想や文化を比較し、外来思想の有する普遍性を称賛してきた。

 

設 問 正 解 配 点
問6 1 3
問7 5 3
問8 4 3
問9 1 2

 

 

 

戻 る