2017年大学入試センター試験問題





日本史A 解答 第4問 B問6正解

第 4 問
近現代の公園に関する次の文章A~Cを読み、下の問い(問1 ~ 8)に答えよ。(史料は、一部省略したり、書き改めたりしたところもある。)(配点 24)

 

B 公園は、新たな技術や文化との出会いの場でもあった。 上野公園(東京都台東区)では第 1 回内国勧業博覧会(1877年)が開かれ、機械・美術品などが展示された。 公園を舞台とした勧業博は、日本の産業・文化の近代化に貢献し、 c 工業国家日本 の出発を示すものとなった。天王寺公園(大阪府大阪市)の地で開かれた第5回内国勧業博覧会(1903年)では、建物を装飾したイルミネーション、5色にライトアップされた大噴水、エレベーターなどが人気を集めた。 この博覧会では、下の図に描かれているように、電気という科学技術の成果が来場者に強い印象を与え、 d その様子は出版物を通じて人々に伝えられた。 出品物の過半は工業関係が占めたが、農業関係でも、 e 米穀自給率低下が問題とされた当時の情勢において、生産技術改良に積極的に取り組んだ 千葉県農会の事績が表彰された。

 

問6 下線部 e に関連して、米の生産に関する統計(10年ごとの平均値)の動向を示した次の表に関して述べた下の文 X ・ Y について、その正誤の組合せとして正しいものを下の①~④のうちから一つ選べ。

 

米の生産に関する統計(10年ごとの平均値)

 

米生産量
(1,000t)

田耕地面積
(1,000 ha)

1 ha あたり
米生産量(kg)

1881-1890年 4.990 2.660 1.876
1891-1900年 5.972 2.685 2.224
1901-1910年 6.917 2.819 2.454
1911-1920年 8.104 2.950 2.747

(アジア経済研究所編『日本農業100年 農林水産業累年統計表』により作成)
(注) 小数点以下は四捨五入。

 

 

X 1 haあたり米生産量の増加率は、田耕地面積の増加率よりも高い。

 

Y 1901年以降の米生産量の上昇は、農業協同組合(農協)のもとで推進された機械化の結果である。

 

① X 正  Y 正

 

② X 正  Y 誤

 

③ X 誤  Y 正

 

④ X 誤  Y 誤

正 解
配 点

 

戻 る