2017年大学入試センター試験問題



地理A 解答 第5問 問5正解

第 5 問 
高校生のノゾミさんは、次の図1に示した壱岐島(いきしま)長崎県壱岐(いき)市の地域調査を行った。この地域調査に関する下の問い(問1 ~ 7)に答えよ。(配点20)

 

問5 芦辺港に戻って漁港を見学したノゾミさんは、漁業協同組合で話を聞くことにした。次ページのノゾミさんと漁業協同組合職員との会話文中の空欄 カ と キ に当てはまる語の正しい組み合わせを、次ページの①~④のうちから一つ選べ。

 

ノゾミ 「壱岐島では漁業が盛んなのですね。どんなものがとれるのですか」

 

職員 「ウニやマグロ、ブリも有名だけど、最も多いのはやっぱりイカだね。イカ釣り漁船がたくさん見えるだろう」

 

ノゾミ 「壱岐島の周りは好漁場になっているということですか」

 

職員 「島の北西に七里ヶ曽根(しちりがそね)というバンク(浅堆)があって、そこが好漁場になっている。また( カ )が流れ込んでいるのも要因として大きいね。そのおかげで壱岐島では真珠も養殖されている」

 

ノゾミ 「なるほど。では、壱岐島の漁業経営にはほかにどんな特徴がありますか」

 

職員 「全国的な問題だけど、漁獲減や後継者不足が深刻だね。また表 1 を見ると、全国に比べて壱岐島の漁家の経営規模は( キ )といえるね」

 

  壱岐市 全 国

経営体*の
漁業種区分
海面養殖業 1.2 15.8
沿岸漁業 93.5 78.5
沖合・遠洋漁業 5.3 5.7

1経営体*当たり
漁船数**
1 隻 93.6 85.4
2 ~ 4隻 5.8 13.3
5 隻 0.6 1.3

*企業なども含まれるが大半は個人経営の漁家。ただし、過去1年間における漁業の海上作業従事日数が30日未満の個人経営の漁家を除く。
**無動力漁船、船外機(取り外し可能なエンジン)付漁船を除く。
統計年次は2013年。
漁業センサスにより作成。

 

 

 
寒 流 寒 流 暖 流 暖 流
大きい 小さい 大きい 小さい

 

正 解
配 点

 

戻 る