地学 解答 第2問 A問1~3正解

第 2 問 (必答問題)

 

地球の歴史と地層および岩石に関する次の問い(A ~ C)に答えよ。

〔解答番号

〕(配点 20)

 

A 地球の大気組成と生物の歴史に関する次の文章を読み、下の問い(問1 ~ 3)に答えよ。

 

次の図lは、顕生代(顕生累代)における大気中の

濃度の時間変化を示している。シルル紀には、

濃度が増加し、大気圏にオゾン層が発達した。これによって地表に到達する太陽からの紫外線が減少し、(a)生物の陸上進出が容易になったと考えられている。また、地質時代 X にも

濃度が増加した。これは(b)陸上に大森林が発達した結果と考えられている。

 

図1 顕生代における地球大気中の

濃度の時間変化

 

 

問1 上の文章中の

に入れる語として最も適当なものを次の①~④のうちから一つ選べ。

① 酸 素 ② 二酸化炭素
③ 窒素 ④ 水蒸気

 

問2 前ページの文章中の下線部(a)に関連して、シルル紀に陸上に生息していた生物の模式的な復元図として最も適当なものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

問3 前ページの文章中の下線部(b)に関連して、地質時代Xの大森林について述べた文として最も適当なものを次の①~④のうちから一つ選べ。

 

① この大森林では、高さ30m以上に達する被子植物が繁茂していた。

 

② この大森林の発達により、昆虫は小型化し、生物多様性も減少した。

 

③ この大森林の形成年代は、炭素の安定同位体を用いて求められる。

 

④ この大森林は、世界の大規模な炭田のもととなっている。

 

B 地質図に関する次の問い(問4)に答えよ。

 

 

 

設問 解答番号 正解 配点
A 1 1 1 4
2 2 2 3
3 3 4 3

 

(注) 第1問~第4問は必答。第5問、第6問のうちから1問選択。

 

 

戻 る

 

 

  









トップへ戻る